今日は番組の放送時間を変更してお送りしました。今日は私のお気に入りミュージカル、
1998年の「プリンス・オブ・エジプト」をピックアップしました。

この作品は旧約聖書の『出エジプト記』に記されているイスラエル人のエジプト脱出を描いたアニメーション映画で、

CGもいい具合に使われていて、見応えある作品です。なんと言っても音楽が壮大で美しいです。

サウンドトラックから、歌うのは1990年代からブロードウェイシアターの中心的人物の1人として活躍しているブライアン・ストークス・ミッチェルの歌唱で

「Through heaven’s eyes」

お送りしました。

エジプトテイストのオリエンタルな旋律が組み込まれたメロディが美しいですね。

この映画の主題歌「ホエン・ユー・ビリーヴ」は、ホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーのコラボでアカデミー歌曲賞を受賞していますので、作品の内容よりどうしてもこの印象が強いですが、

私は劇中の曲が本当にいいと感じています。

音楽は映画音楽の巨匠、ハンスジマー、そして歌の作詞・作曲を手がけたのは、「ポカホンタス」「ノートルダムの鐘」「魔法にかけられて」などのディズニー作品の作詞や、ミュージカル「ピピン」「ウィキッド」の作詞作曲を手がけたステファン・シュワルツです。

本当に素晴らしい音楽家だと思います。

作品は子供から大人までじっくり楽しめます。おすすめです。

Posted on: 2021年7月17日juna-wordp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください